CVA時期別OT研究会公式サイト

  • HOME
  • >
  • Workshop repport

各コースの様子がわかるスライドショーです。
参加した人だけがわかるネタも…。

期日:平成29年10月7・8日
会場:山梨リハビリテーション病院
講師:山本伸一先生・比留間ちづ子先生・澤俊二先生

CVA時期別OT研修会2017 包括コース開催!! 総論① 比留間ちづ子先生 総論②&急性期 山本伸一先生 総論②&急性期:急性期の肩の痛みを考えよう! 回復期 山本伸一先生 回復期:ADLへの関わり方やスキルについてわかりやすい講義と実技が展開されました。 生活期 澤俊二先生 懇親会①:参加者全員で一日目の成功をお祝いします。 懇親会②:受講生や講師の垣根を越えて、一緒に楽しみます。 懇親会余興①:急性期チーム 懇親会余興②:回復期チーム 懇親会余興③:生活期チーム 懇親会余興④:山梨リハチーム ワークショップ①:受講生が主役です! ワークショップ②:急性期に必要な知識や技術を発表して頂きました! ワークショップ③:回復期でのADLを中心とした実技を発表して頂きました。 ワークショップ④:生活期ではより具体的な関わりを提示して頂きました。 研修会終了:2日間の思い出を歌にのせて!! 研修会終了:一体感溢れる研修会となりました。受講生の皆様、ありがとうございました。

期日:平成30年1月27-28日
会場:山梨リハビリテーション病院
講師:山本伸一先生 他

①2017年度時期別OT研修会~知覚・運動アプローチコース in山梨~ ②総論(山本伸一先生);楽しく知覚・運動の重要性を学びました ③急性期(佐尾先生);あっっ、起きやすい!身体のつながりって大切なんだな ④急性期(山本伸一先生);OTも下肢へ介入する大切さを学びました ⑤回復期(磯野先生);カップリング!カップルのように息が合ってきましたね~! ⑥回復期(野上先生);ダンディーにネクタイ巻きましょう ⑦回復期;集団による同調を学びました ⑧ワンポイント(濱田先生);この感触を忘れずに!! ⑨ワンポイント;ストレートリーチはどうなってるかな? ⑩終末期(長坂先生);その人に寄り添ったOTの関りに感動。 ⑪懇親会①;OTは幅が広く、話が尽きません!! ⑫懇親会②;一日目終了。親交を深めていきましょう!! ⑬座談会①; そんなアイディアあるんだ!OTの視野が広がりました ⑭座談会②:悩みもあるけどOTを楽しまなくっちゃ!! ⑮余興; 余興は大盛り上がり。OK、バブリー!! ⑯生活期(森下先生);トントントントン、ヒノノニトン!リズムカルに金槌操作 ⑰生活期(青木先生);ヨーヨーを用いて、全身の選択的な活動を引き出していきました ⑱心のパーセプション(木村先生)①;心と心を通わせる手がかりを教わりました ⑲心のパーセプション②:水彩画。互いの気持ちを一つの絵に! ⑳ワークショップ;皆で真剣に話し合い中 ㉑ワークショップ; 力を合わせて実技提示しました ㉒ワークショップ;各時期に有効な治療アイディアが発表されました ㉓余興;大合唱!内容の濃い2日間でした。また、来年もお会いしましょう

期日:平成29年11月25日-26日
会場:星ヶ丘厚生年金病院
講師:山本伸一先生 他

①時期別大阪2017、知覚-運動アプローチコースは山本先生の総論ではじまりました。 ②受講生のみなさんは、今日初めて会うOTばかりで緊張した表情です。 ③急性期では知覚が向上し身体が強調される経験をしました。 ④ボディ・スキーマが構築され身体部位の繋がりを体験しています ⑤回復期では同調をテーマ。みなさん良い表情です。 ⑥お椀動作という一場面でも大切にしていく姿勢がOTらしさですね。 ⑦創作活動でちぎり絵を行い、心のパーセプションを感じ取っています。 ⑧自転車に乗りたいというニードに答えるのもOTです。 ⑨今年のケースレクチャーは上肢と認知症についての症例提示でした。どちらもOTだからできるアプローチが紹介されました。 ⑩吹き矢も知覚的側面からのアプローチ。呼気を一塊に。 ⑪折り紙で同化・同調し細かい段階付けで治療を展開しています。 ⑫グループで輪投げの知覚的側面を分析しています。 ⑬生活期の発表では調理動作で包丁の刃先を知覚しました。 ⑭初めて会った人でも、懇親会でこんなに仲良くなれます。 ⑮懇親会で今日の講義の復習もしています。

期 日:平成29年10月14・15日
会 場:土佐リハビリテーションカレッジ
講 師:山本伸一先生 他

①時期別高知10周年!! ②10年分の思いを込めて ③藤本先生の急性期 ④片岡先生の回復期 ⑤箭野先生の生活活動期 ⑥それぞれの時期に分かれて受講生同士でディスカッション ⑦スタッフも一緒に患者さんを考える ⑧実技を通して理解を深める ⑨練習! ⑩すべては患者さんのために! ⑪今年は懇親会_ナイトセミナー ⑫知覚運動アプローチと私の考える作業療法 山本先生 ⑬伴先生も熱く臨床を伝える! ⑭10年分の思い…大変なこともありました…楽しいこともありました… ⑮10年ありがとうございました!

期 日:平成30年1月13・14日
会 場:山梨リハビリテーション病院
講 師:山本伸一、内山量史、長谷川和子、広田真由美、井上健、その他

2017年度 OT-STジョイントコース in 山梨、始動!! おせんべいやヨーグルトを使って嚥下について学びました。 片麻痺の患者さんの車椅子姿勢から身体の問題点を紐解きます。 興味津々!肩甲骨ってこんな風に動くんだ 骨盤を真っすぐにすると動きやすさがどう変わるかな?みんなで体験してみました。 OT-STペアになっての骨盤からの座位への介入。 手を動かすのに姿勢って大事なんだなぁ 道具操作;スプーンを介しての知覚探索へTry! OKバブリー!90年代にカムバック!!(懇親会) 口腔内への実技提示、みんな真剣です。 口腔器官へLet'sアプローチ! ワークショップ;貴重な体験~OTだからSTだからできることを考えました~ ワークショップ;問題点、考察、介入、皆の想いを模造紙にまとめます。 ワークショップ;OT・ST一丸となって治療場面を考えました~! 講師陣を代表して受講生へメッセージ