CVA時期別OT研究会公式サイト

  • HOME
  • >
  • Workshop repport

各コースの様子がわかるスライドショーです。
参加した人だけがわかるネタも…。

期日:平成30年10月13・14日
会場:山梨リハビリテーション病院
講師:山本伸一先生・比留間ちづ子先生・澤俊二先生

①2018年度時期別OT研修会~包括コースin山梨~ ②総論1(比留間ちづ子先生);生きがい...OTの幅の広さを感じました ③総論2&急性期(山本伸一先生);Hands onからHands offのタイミングを楽しく学びました ④総論2&急性期(山本伸一先生);急性期の上肢の治療を学びました ⑤回復期(山本伸一先生);handの診方やアプローチ方法を学びました ⑥回復期(山本伸一先生);OTならば抜かすことの出来ないActivity ⑦交流会;乾杯!! ⑧交流会;全国各地から集まりました ⑨交流会;一日目の成功を祝いました ⑩交流会(余興);カーモンベイビー時期別♪ ⑪生活期(澤俊二先生);その人の生き方をみる大切さを改めて実感しました ⑫ワークショップ;それぞれアイディアを出し合いました ⑬ワークショップ;どんなアプローチがいいかな~? ⑭ワークショップ;時期別アプローチ~多岐にわたる関わり方~ ⑮余興;みんなが1つになる研修会でした。また、会いましょう!

期日:平成31年1月12-13日
会場:山梨リハビリテーション病院
講師:山本伸一先生 他

①2018年度時期別OT研修会~知覚・運動アプローチコース in山梨~ ②総論(山本伸一先生):知覚-運動についての講義からはじまります! ③急性期(和氣良彦先生):解剖・運動学的視点から上肢の治療について学びました。 ④急性期(佐藤靖伸先生):長い腕って軽いんだ~!実感しました。 ⑤ミニレクチャー(工藤亮先生):体験からの本音を語ってくださいました。 ⑥補足実技(沢田尚司先生):リーチの時の上肢、体幹はどうなっているかな? ⑦補足実技(広田真由美先生):フィットするっ手?? ⑧回復期(磯野弘司先生):片麻痺体験!片手で蓋を開けるのって難しいな~。 ⑨回復期(野上雅史先生):カップリング~輪っか操作~ ⑩回復期(佐藤正和先生):わっしょい♪同調・同化を目指します ⑪終末期(長坂真由美先生):命があるということ。深い学びでした。 ⑫懇親会:笑いあり、涙ありの濃い一日目、お疲れさまでした! ⑯余興:時期別の「T」はどこかな~? ⑰生活期(青木栄一先生):荷物操作に必要な知覚運動とは ⑱生活期(木村奈保美先生):人と人の関わり、心について学びました。 ⑲生活期(土居先生、森下先生):小麦粉粘土!3人で何ができるでしょうか…? ⑳ワークショップ:各時期に合う治療を皆で考えました。 ㉑まとめ「研修会の感動を皆で振り返りました。」

期日:平成30年8月25日-26日
会場:星ヶ丘厚生年金病院
講師:山本伸一先生 他

① 総論:2018年時期別大阪が始まりました ② 急性期:ボディシェーマを強調し寝返り動作 ③ 急性期:急性期での上肢へのアプローチ ④ ハンド:手はOTの専門分野、重要なアプローチ ⑤ 回復期:整容動作で口腔内の知覚運動 ⑥ 回復期:集団活動で身体・心の同調 ⑦ 認知症:認知症も知覚運動で理解 ⑧ 生活期:熟練課題(IADL)達成 ⑨ 生活期:創作活動で心身ともに充足 ⑩ 懇親会:すぐに仲良くなるのもOTの特徴 ⑪ Activity:物の使い方は多種多様 ⑫ Activity:テーブルクロス引きで上肢の治療ができる! ⑬ Activityワークショップ:大阪会場だけのグループデスカッション ⑭ 症例ワークショップ:研修会の集大成、実技も含めて発表

期 日:平成30年11月24・25日
会 場:土佐リハビリテーションカレッジ
講 師:山本伸一先生 他

①2018 高知 CVA時期別OT研修会 高知会場 開催! ②2018 高知 山本伸一先生 知覚-運動アプローチ総論 ③2018高知 山本伸一先生 上肢アプローチの原則指導 ④2018 高知 急性期 藤本弾先生 ⑤2018 高知 回復期 三宅伸吾先生 ⑥2018 高知 ワンポイントレクチャー:肩甲帯 児玉浩志先生 ⑦2018 高知 個別性レクチャー:肩の痛み 山本洋輝先生 ⑧2018 高知 個別性レクチャー:高次脳機能障害 安岡万理先生 ⑨2018 高知 生活活動期 箭野豊先生 ⑩2018 高知 生活活動期ならではの知覚運動実技 ⑪2018 高知 臨床感をつくるには 青井健先生 ⑫2018 高知 Activity 片岡聡子先生 ⑬2018 高知 知覚,同調のActivity  ⑭2018 高知 ワークショップ ⑮2018 高知 受講生の皆様ありがとうございました!また会いましょう!

期 日:平成31年3月30・31日
会 場:山梨リハビリテーション病院
講 師:山本伸一、内山量史、長谷川和子、広田真由美、井上健、その他

第2回OT-STジョイントコース開催 講義1 山本伸一先生「脳血管疾患の食事の問題について」 講義2 内山量史先生「OTに考えて欲しい摂食嚥下とは」 講義3 井上健先生「姿勢がもたらす食事の問題」 講義4 長谷川和子先生「STが伝えたい食事の問題」 実技1 広田真由美先生「手と口の協調とは?」 交流会1「活発な意見交換が行なわれました」 交流会2「OT-STの垣根を超えた交流会となりました」 実技2 稲垣麻以先生「口腔内へのアプローチ」 実技2 「OT-STペアで実技を行います」 実技3 石山寿子先生「顔面・舌へのアプローチはどう考える?」 ワークショップ1「OT・STそれぞれの視点から話し合いました」 ワークショップ2「実技を交えて治療方針を決定します」